最新情報

あの最新モデルが入荷!しかも2台も?!

2018/11/22

あの最新モデルが入荷!しかも2台も?!

皆さん、こんにちは!

HD横浜の谷島です

徐々に寒くなってきてますが、もちろんVツインには

いい季節になってきましたね!

そんな時期ですが、僕の車両はもう冬支度

ピットから出れない状態です・・・無念




そんな話は置いておいて


遂に話題のあの車両が入荷致しました!!!



ガッツリ試乗もしてきた僕が、各部写真を交えて詳しく解説していきましょう




FXDR114(FXDRS)インダストリアルグレーデニム

inline_g7168230c060dadaefef578368fc74bf_9ab1897a94a4.jpg

う~ん、なんとも独特なフォルム




まずは面構えから拝みましょう

inline_pfc2758634e6c8393a9916a667284ae0_02f8193db33a.jpg

この車両だけ、ヘッドライト・ターンシグナル・ブレーキライト

全てにLED使用が標準装備されてます

パキッとしててかっこいいですね~




続いて、ハンドル周り

inline_t952d9cee92f4d717e69d5fe2bfe1938_95129c2d8959.jpg2018年モデルのソフテイルから採用になった

新型のデシタルメーターが標準装備です

この小さな液晶、いい位置にあって結構見やすい

速度・回転数・ギア・燃料残量・航続可能距離・走行距離・オドトリップ・・・

などなど、かなり多機能品です



見た目もスッキリするカスタムルックも見逃せない





ハンドルはフォークトップにクランプするクリップオン型

ボルト1本で前後角度を調節できます

ライダーのお好み設定に出来ますね




実際に店頭では、グリップを少し近めにしてあります

是非跨って体感してもらいたい!



ちなみに、このヘッドライトバイザーは取外しも可能です






次にタンク周りですね

inline_qe4d4b72af1c16ee07150ed68d0d473c_d592081948b4.jpgこの車両専用設計の、新型フューエルタンク


容量は16.7リットル


意外と入ります



走り方にもよりますが、この容量だとおおよそ

満タン時、320km~ぐらいは走りますね




そしてこのドラッグレースをイメージしたエアクリーナー

これを見て足が当たるかも、と気になりませんか?


多少の干渉はしますが、当たってもいい様な形に設計されてます



なので左コーナー時には、ポンと軽く当ててあげるとコーナリングしやすかったです


新型タンクとシート先端はエンドがシュッと細くなっていて、足は置きやすくなってます



ブレーキペダルも大きめなので、ワインディングでの操作も不安感は全くなかったですね

inline_p67e6ad1795edd4db2c35710c0f59126_615d9cba9b0d.jpg新型フューエルタンクのエンドには、ナンバー1スカルがチラッと

実際に跨るライダーの為のさりげない演出

まさに「粋」




そして誰もが目を奪われる、このリア周り

inline_f37f0468f9ce9a42716c0206b4267de7_4d6a677e60bc.jpgまずはこの2in1のエキゾースト

全体的な長さが短く、ドラッグマシン感が否めません



実際に山道を気合入れて走りましたが、擦る事も全くなく

メーカーも謳っているリーンアングルは、完璧です



バリバリ走れました(楽しかった笑)




サウンドチェックや足つきの動画もありますので、ご参考までにどうぞ

ハーレーゾーン / HARLEY ZONE 
2019 FXDR114 エンジンサウンドチェック!

2019 FXDR114 テスター2名による足つき&体格比較チェック!


inline_w07c13ce167a5b01aafb42a6af69df30_605f0b755e23.jpg

そしてこのハーレー最大幅の240mmリアタイヤ

前後のホイールも乗っていて分かる程、軽い!



フロント19インチ・リア18インチ




なかなかに思い通りに走ってくれます







比較対象になりがちなのが、FXBR/Sブレイクアウト

inline_t174ad1c927eb403c35197215880c14e_f72650b3b132.jpg同じリアタイヤ240mmを装備した車両です

タイヤサイズの印象で

「曲がらないんじゃないの?」と思ってませんか?








そんな事は、断じて御座いません!!!











ここだけは、興味のある方だけでOKです笑

ちょっと比べてみましょう

FXDR114
フロント 19インチ
リア 18インチ
ホイールベース 1,735mm
レイク 34°
リーンアングル(バンク角)32.8°


ブレイクアウト
フロント 21インチ
リア 18インチ
ホイールベース 1,695mm
レイク 34°
リーンアングル(バンク角)26.8°



よくわからない方は、最後赤字のバンク角だけご覧ください




はい。


単純に同タイヤ装着のモデルでも、これだけ倒せる角度が違うんです


どうです?見た目通りちゃんと、曲がれる・倒せる・走れるモデルですよ!

inline_p16716df290f1e61badaafd3ef9ab7fb_4e7843d13b40.jpg

そして長時間様々なシーンを試乗した僕が1番魅力を感じたのが

この新型スイングアーム



ソフテイルモデルには、ハードテイル形状の細身のスイングアームだったのが

アルミニウム製のかなり剛性の高いものが標準装備されました



モデル発表の時からこの違いを気にしていたのですが

これが、ものすごくいい!



走りに関してはまさに、ピカイチといった所でしょうか





これ以上話すともっと長くなってしまうので、この辺にしておきます笑


inline_ced8c4a68c1d1b44160f41728af1b2fd_60ca632a9f63.jpg長くなってしまいましたが、現在この最新モデル

インダストリアルグレー
ビビッドブラック

この2台を展示中です!

また、ビビッドブラックのモデルは

エンジンも掛けられて、サウンド体感出来ます!

サウンド体験は、24日()午前中までとなっていますので、ご注意ください

気になる方は、是非早めに店頭へお越しくださいね!!!




皆様のご来店を心よりお待ちしています♪

前のページへ戻る